女性オペレーター

メール配信で顧客に情報提供|顧客の満足度を高める広告

併用する事で有効

システム

ホームページとソーシャルネットワークの併用が増えている

最近は小さな会社でもホームページを運営していることが多くなっています。若い人は、テレビでインパクトのあるCMを見たり、あるいは街で見かけないものを見たりすると、とりあえず携帯やスマートフォンで検索してみるということが増えており、そのため、会社がホームページを持つというのはマーケティングとして重要になっているのです。 ただ、小さな会社の場合、ホームページの更新を簡単に出来るような人がいない場合もあります。そういった場合、ホームページは更新せず、ソーシャルネットワークのアカウントを取って、そちらで情報発信を行うということが多くなっています。ソーシャルネットワークは更新が簡単に出来る上に、客とのやりとりも可能なので、今後、ホームページとソーシャルネットワークを併用する会社が更に増えていくでしょう。

ソーシャルネットワークで炎上しないためには

では、マーケティングの一環としてソーシャルネットワークを利用し、情報を更新していくという場合、どういったことを気をつければいいのかというと、当然、炎上に注意するということになります。 ソーシャルネットワークでの発言は一気に拡散することがあり、一度、問題発言を投稿してしまうと、すぐに削除しても瞬間的に広がってしまうことが少なくありません。 なので、たとえばソーシャルネットワークに投稿する際は、まず、担当者が下書きを書いて、上司がそれをチェックし、問題ないようであれば投稿するというやり方がいいでしょう。ただ、この方法だと投稿に面白みがないということで人気を獲得出来ない場合があるので、一定のルールを決めて、そのルールの範囲内であれば担当者に自由に投稿させるというのも一つの方法です。